ひがしドイツぐらし

旧東ドイツでの暮らしなどについて書いていきます。

ドイツ(の田舎?)での必需品

ドイツ人の好きなもののひとつ。

 

それは、散歩やハイキング。

 

週末に街をあるけば、私のいる小さい街でも必ず散歩してる人に遭遇します。

 

家族で、カップルで、老夫婦で、友達同士で。とにかく年齢性別関係なく。

 

街のまわりには、たくさんのハイキングコース。

 

インドア派な私でも、ドイツに来て一年半、ハイキングや散歩に行くことがよくありました。その際は、普通に街で着るようなダウンジャケットを着ていくしかなく。雨の多いドイツでは、毎朝の徒歩通勤の際や、毎週の同僚たちとの散歩の時、社内で別の建物に行く際、雨にあうことが多く、風雨になるとびしょ濡れということも。かたやドイツ人の同僚たちはみんな防水ジャケットを着て、防水ハイキングシューズを履き、汚れや雨も平気。
ずーっと防水ジャケット&シューズが欲しかったのですが、色々と立て込んでいて数カ月買い物に行けず。

 

ちなみに、先日ハイキングしたのはこんなところ。
この時は友人の誕生日。パーティーして飲み明かした翌朝にみんなでハイキングという 笑

f:id:ost-leben:20180129013009j:plain

川沿いの土と落ち葉の道。靴は汚れるけど、柔らかく、舗装道路と違った心地よさ。

f:id:ost-leben:20180129013022j:plain

大昔からあるような、急な階段を上って。

f:id:ost-leben:20180129013047j:plain

登りきると突然視界が開ける。一面の畑と、遠くにぽつんと見える家。

 

こんなことがよくあるので、ある程度のハイキング装備はドイツ(の田舎)では必要。

 

 

ということで、念願の防水ジャケットを買いました!(シューズはサイズが無く今回は断念)

www.thenorthface.de

◎色んな気温に対応可能:

・中のフリースジャケットが取り外せる。中のフリース一枚でも、防水ジャケットだけでも、両方合わせても着られる。

・脇の下あたりにジッパーがあり風を取り入れられる。

◎雨に強い

・酷い雨でも大丈夫なかなりの防水。

・フードには、ツバがついている。

・フードの顔回りを絞って、雨が入ってきにくくできる。

・コートよりは短く、普通のジャケットよりは長いのでお腹まわりも雨から守れて冷えにくそう!

◎デザイン

・シルエットがダボっとしすぎずよし。

・黒でかっこいい。(他に見たものはショッキングピンクとかだった)

 

お値段は結構したけど、良いもの&長く使えるものだから良いものを。ネットで注文したほうが安いけど、できる店員さんで、テキパキとしていて、要望をくんで色々と商品を見せて説明してくれたので、技術料ということで店舗でそのまま購入。(購入金額のいくらかが、店員さんに渡るシステムなのです)

 

次の雨の日が楽しみだな~。

 

 

Twitterはじめました。

ブログに書きたいと思う出来事はあっても、なかなかその気が起こらず、

他の方の面白いブログを読んでじゅうぶん満足しておりました。そして気づけば8カ月。気まぐれなブログなので、そんな感じです。

 

 

唐突ですが、ブログ用にTwitterアカウントを作りました。

twitter.com

 

 

 

午後のお散歩中に出会った猫。特徴のあるお顔立ち。近所の良く吠える犬に影響されたらしく、鳴き方が犬!

「わん!わん!」のリズム&トーンで、「みゃう!みゃう!」と言いながらどんどん近づいてきます。かわいい。

f:id:ost-leben:20171009004812j:plain 

 

はじめまして

 

はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
ひぴりと申します。

 

初のブログ、不慣れな点が多いかと思いますが、
どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ひぴりとは?

 

アラサー、社交的なインドア派。
日本では主に社畜をしていました。
海外在住歴:あっちこっちに計7年
うち、ドイツには1年ほど住んでいます。 

 

 

なぜ東ドイツ?

 

良きパートナーと巡り合い、
彼の出身地であるこちらに来ることにしました。

 

 

なぜブログ?

 

引っ越す前、遊びに来たことはあったとはいえ、
東ドイツという独特な歴史をもつ場所。
よくわからないので、ネットで調べてみました。
出てくるのは、ほとんど暗い話題ばかり…。
でも、住んでみると「あれ、意外に良いところじゃないか?」と。

 

東ドイツに興味ある方や、こちらへ引っ越す予定の方、
興味はないけど、ドイツに興味のある方などに、
東ドイツ・ドイツ生活の様子(そして魅力)が少しでも伝われば、と思います。

 

 

おまけ

 

この間パートナーの実家で見つけた
旧東ドイツ時代のマッチ入れ。
かわいい。
チェコスロヴァキア製だと思う、とのこと。
真ん中あたりの白い線で開けて、
上の部分で着火。
実家でいまだに使っている。

 

f:id:ost-leben:20170202081708p:plain