ひがしドイツぐらし

旧東ドイツでの暮らしなどについて書いていきます。

一目惚れならぬ、一目婚

私とパートナーが毎年この時期楽しみにしている番組があります。

 

 

 

それは、

 

Hochzeit auf den ersten Blick

(Hochzeit=結婚、auf den ersten Blick=一目で)

 

つまり、一目婚!一目惚れならぬ、一目婚です。

f:id:ost-leben:20181209150548j:image

 

 

 

「科学から愛は生まれるか?」がテーマのこの番組では、一般の応募者約7000人のうち選ばれた約70人がカウンセリング(理想のパートナー像・家族像や、これまでの交際経験などを話す)を受けたり、異性の応募者が一週間着用したシャツの匂いを嗅いだり、録音された声を聞いた時の反応、容姿に対する希望や傾向など色んな要素を調べられ、その科学的な(番組曰く)調査をもとに、専門家3人が協議の上マッチングするカップル(毎年だいたい4組〜6組)を選んでいきます。 

f:id:ost-leben:20181210233250p:plain

3人の専門家

 

 

 

選ばれた応募者は、式の数週間前に選ばれたことを知らされ、そこからウェディングドレス(またはタキシード)を選びに行ったりと準備をします。その間、相手のことについては、その名前すら全く何も知らされません。

 

 

 

そして結婚式当日、両家の家族や友人が見守る中、挙式会場に新郎入場。まだ見ぬ新婦への期待と緊張、そして(お断りされるかもなど)不安の入り混じる中、新婦の家族などと軽く挨拶を交わします。その後間を置いて、新婦が会場のドアを開けた瞬間が2人の初対面となります。 

f:id:ost-leben:20181210233304p:plain

初対面の瞬間

 

 

 

お互い軽く自己紹介を終えるとすぐに挙式が始まると促され、結婚へ同意するかを尋ねられます。ここでお互いイエスと言えば、婚姻は成立します。(しかもドイツの法律では、その後1年は離婚できないようです)

 

 

 

その後、ハネムーンやお互いを訪問する様子など、カメラが2人に8週間密着します。お互いを知る中でもちろん大なり小なり色んな問題が起こります。それを乗り越えて結婚生活を続ける覚悟を決める夫婦もいれば、辞める覚悟を決める夫婦ももちろんいます。

 

 

 

番組自体も面白いですが、色んな関係を見ることで、付き合ってから・結婚してから、お互いが大切にする部分や、自分たちならどうするか、といったこと、過去の体験など色んな恋愛・結婚関係の話を自分のパートナーとするのも面白いです。

 

 

 

ちなみに、番組のページで今までのエピソードが公開されています。今年の6組はどうなるのかな~。

f:id:ost-leben:20181210233245p:plain